年末の東京発新潟着のバス

高速バスは新幹線と違い走行中は通路を歩いたりする事が出来ません。もちろんサービスエリアではトイレに行ったり、食べ物を買って来たら出来ますが、走行中は席に座っていないと行けません。高速バスの席は観光バスよりは少し広い座席ですが、やっぱり狭いと思います。そして自由に動けないのと、席の空間も狭いので、長時間の移動で高速バスを使うのは疲れるなと感じます。高速バスを使うのであれば本やiPadなど時間つぶしができる物を持って乗るのがいいと思います。それから寝る時に首が疲れてしまうのでエアー枕など持って乗るといいと思います。席も倒せますが、完全に横にはなれないのでどうしても首が疲れてしまいます。それからもし可能であれば温度調節出来るようなブランケットもあるといいと思います。バスの中は温度調節が全体的にしか出来なのであると便利だと思います。もちろんバス会社によっては広い空間の席だったり、椅子も完全に倒すことが出来たり、コンセントが付いていたり、ブランケットの貸し出しが出来る高速バスもあります。自分が乗る高速バスがどのくらいの移動時間でどんな設備があるのか、乗る前にあらかじめ調べて乗るのがいいと思います。

«
»